UA-90021363-1
ホリデイ・トレッキング・クラブ

 

佐倉城下町ジャズサーキット2017

2016年6月5日に開催し、大好評をいただいた「まちのわジャズサーキット in 佐倉城下町」を引き継いで、より大きな規模で。

 

千葉県佐倉市の地元の有志たちが実行委員会をたちあげて行う音楽イベントです。開催日程は2017年4月15日(土)お昼1時から夕方5時過ぎまでの予定、7グループのプロの国内外ミュージシャンを呼び、地元を中心に活動するミュージシャンにも数会場を提供し演奏してもらいます。それぞれの会場での演奏は1ステージ50分の2ステージ。開演時間をずらして、お客様が予め聴きたい演奏者をできるだけ多く選んでいただけるようにと考えています。会場はこの地域の店舗、普段はホテルやカフェ、お寺や教会、様々な会場がこの日はライヴハウスに!会場の散らばるエリアは周囲1.5 キロ四方に及ぶので、会場間のアクセスに京成佐倉駅から旧堀田邸経由JR佐倉駅間の無料循環バスを走らせます。会場案内、演奏者一覧表掲載のプログラムを開催に向けて追って発行いたします。
会場予定地(2016年末現在予定)
有料会場 音楽ハウスHIDAKE、セイントD 2階特設会場、佐倉教会、一里塚、宗圓寺、カフェアイン、カフェ・ド・パリ、ホテルリッチタイム
無料会場 清祥庵、わげん、旧平井家、多奈賀屋、ヤングプラザ、佐倉市立美術館4階ホール、旧堀田邸、ローソン駐車場、おはやし館ほか
チケット 大人3,000円、ペア5,000円、高校生2,000円、中学生以下無料

 
 佐倉城下町ジャズサーキット実行委員会代表 石渡敦子

 「魅力ある佐倉城下町を魅力ある音楽で世界に発信したい」

大型店舗やコンビニチェーン、大型ディスカウントショップ等の出現で昔からの中心市街地の疲弊がますます広がっています。この佐倉市とりわけ旧市街地、佐倉城下町エリアもひところの活気を失いつつあります。
佐倉城下町商店会も一時活動が停まりかけておりましたが2010年再発足し、40数店舗の協力のもと夏祭り、ひなめぐり、暮らシックCar 街中博物館等様々なイベントを企画しそれぞれ好評を博してまいりました。また2004年からは中心市街地活性化事業の一環として「金毘羅縁日ふれあいマーケット」を毎月10日(金毘羅様の縁日)に開催、ふれあいステージのコーナーでは様々なミュージシャンの方々に演奏いただき地域住民ほか近隣の方々にも喜ばれております。
昨年、佐倉城址公園を会場に開催されたアート&クラフトフェア「にわのわ」と並行して「まちのわ」を開催、そのイベントの中で佐倉城下町商店会ではジャズサーキットを企画し、3か所に3つのバンドをお呼びしてジャズライブを行いました。
これは佐倉市(旧市街地)に居を構えた世界的サックス奏者 佐藤洋祐氏と商店会有志会員が中心となり、会場の提供を含めボランティアの皆様にも協力頂き企画したものでまずまずの成功をおさめました。
平成28年4月には「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並みが日本遺産に認定され、佐倉城下町の町並みも構成要素の一つに挙げられて注目度も増してまいりました。そこで第一回佐倉城下町ジャズサーキットの成功を機にこの街をこよなく愛する仲間たちの間に「佐倉城下町を音楽で盛り上げよう」という機運が高まりました。
会場としての設定区域は、北は京成線佐倉駅から南はJR佐倉駅周辺までといたしました。このような趣旨のもとこのエリア内で会場をご提供いただく事業所様は10数店舗に上りました。多くの方のご賛同を得たことでこの催しを幾久しく続けていきたいという願いはますます膨らみます。