UA-90021363-1
ホリデイ・トレッキング・クラブ

 

村田浩(tp) ザ・バップ・バンド

会場:一里塚または宗円寺 1stセット 午後2時40分~ 2ndセット 午後4時半~

正統派のモダンジャズサウンドを正統に聞かせる本格派ジャズクインテット。年輪を重ねてますます磨きがかかる村田のトランペットサウンド。

 
村田浩 (リーダー、トランぺッター)
1943年生まれ。1975年渡辺貞夫リハーサルオーケストラに参加後、自己の 「THE BOP BAND」を結成。現在までに全国的な活動を展開中。 デュークジョーダン、ロイ・ヘインズなど、来日アーティストとの共演も多く、 日本を代表する本格的なバップ・トランペッターとして貴重な存在と言われ、 スイングジャーナル誌の人気投票トランペット部門で常に選出されるなど、その 素晴らしい技量と豊かな音楽性により、多くの支持者を得ている。
年月を重ね早40年以上。村田浩が、ジャズがもっともジャズらしいサウンドをしていた1950年代、60年代のジャズの主流と言われる「バップ」というスタイルにこだわり続け、磨きぬいてきた自己のバンド、「バップバンド」の歴史だ。メンバーの変遷を経ながら数々の伝説を作り上げてきたその長寿バンドであるが、村田をして「現バンドが最高の状態」と言う状態にあるバップバンドの今を是非、お楽しみいただきたい。不動の右腕としてもはや村田の相棒としての地位をゆるぎないものにしているテナーサックスの岡田、類い稀なリズム感と気品のあるスウィングを生み出すドラマー宮岡、抜群の音色と堅実なランニングが魅力の山口、そして繊細なタッチが紡ぎ出す美しいメロディが聞くものをひきつける岩崎のピアノ。是非多くの皆さんに聞いていただきたい。

村田浩(トランペット)
岡田義満(テナーサックス)
岩崎壮平(ピアノ)
山口裕之(ベース)
宮岡慶太(ドラムス)